原発事故で取り残された動物救出のための一斉要請アクション第三弾


このページの拡散には、こちらのツイートボタンをお使いください。

2013年5月28日午前0時をもって「警戒区域」は全て解除されましたが、立入が規制される区域は今まで以上に厳重に封鎖され、取り残された動物の救出や、命をつなぐための給餌が困難になっていきます。

そこで本アクションの活動期間をさらに延長し、「第三弾」として、最も緊急性の高い立入が規制される区域内での民間ボランティアの活動許可の一点に絞った要請活動を展開していきたいと思います。第一弾、第二弾で要請書を送ってくださった方はもちろん、新しい仲間もどんどん増やして、かつてない規模の大量の要請を集中させていきましょう。

そのためということもあり、今回は要請文を簡潔なものとして、ご家族やお知り合いの方々にも、「これ見て」と呼びかけやすいものにしてみました。

取り残された動物たちを絶対に見捨てず、さらに仲間を増やして、全力で完全救出を目指していきましょう。命を尊ぶ皆様の、一層のご尽力をお願いいたします。

件名:福島第一原発周辺の立入が規制される区域における、民間動物救護ボランティアの活動許可を求める要請書
内閣総理大臣 安倍晋三 殿
環境大臣   望月義夫 殿
 
 福島第一原発事故による「警戒区域」は全て解除されたものの、今なお、避難に際して置き去りにされた動物の問題は解決していません。区域の名称は変わっても、今後も立入が制限あるいは禁止される区域は残ります。そしてそこには、いまだ多数の動物が取り残されているのです。
 
 この被害は全て、原発を“国策”としてきた国の責任であり、「動物の愛護及び管理に関する法律」による動物愛護の普及啓発義務の観点からも、国の真剣な対応が求められます。
 
 これについて今まで、広範な国民が何度も繰り返し、首相官邸や環境省に対し、様々な提案、嘆願、要請、抗議を繰り返してきましたが、取り残された動物の救出は一向に進みません。
 
 私たちは、もうこれ以上の残酷を受容することはできません。命の救護のために実現すべき施策は多数ありますが、最も緊急性の高い次の一点に絞って、その実現を強く要請いたします。
 
◎民間動物救護ボランティア(政府とつながりの強い公益法人“以外”の民間ボランティアを含む)に対し、立入が制限あるいは禁止される区域への立入を常時許可し、区域内での活動を認めること。
 
 以上、速やかな決断と実行を強く要求いたします。

要請書は、上のものをコピペしてそのまま送って頂いてOKです。もちろん皆様が独自に起草された要請書をお送り頂くことも効果的ですし、「一斉要請アクション第二弾」で送付を呼びかけていた要請書も、今後も有効です。

送付先
 環境省HP内MOEメール
 https://www.env.go.jp/moemail/
 (分野は『自然環境・自然公園』を選択)

さらに余力がありましたら、
FAX  環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室
    03-3508-9278
郵送 〒100-8975
    東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館
    環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中
へもお願いします。
(FAX、郵送で提出される場合は、上記要請書の内容に加えて、提出日付、提出者住所氏名をお書き添え下さい)

例によって、このエントリー内の文章は、趣旨に賛同してくださる限りにおいて、転載・複製・再配布等全て自由です。どうか皆様のブログや、FB、Twitterなどでも、どんどん拡散してください。

 
 

This entry was posted in 動物, 動物救出. Bookmark the permalink.

15 Responses to 原発事故で取り残された動物救出のための一斉要請アクション第三弾

  1. 下川 紀子 says:

    民間のボランティアさんがこの2年以上頑張って繋いでいる命、本当に大変だと思います。

    行政はどれだけの動物の命を救ったのですか?まだまだ取り残された命が沢山あります。
    どうか民間のボランティアさんも立ち入り制限・禁止区域での活動をさせてください。
    餓死させるなんてもってのほか、許される事ではありません!

    • assam_yamanaka says:

      下川さん、コメントありがとうございます。

      「警戒区域」という名前は消えても、厳重にバリケード封鎖されている広大な区域が残っていること、

      そこには、今も帰還することが出来ずにいる住民の皆様の大切な動物達が多数閉じこめられ、助けを待っていること、

      その救助救出に努力しなければ復興なんてありえないこと、

      これらのことを、一人でも多くの人に知らせていきましょう。最後の一匹まで、私たちは絶対に救出を諦めません!!

  2. 虹咲翔華 says:

    コピペですが送信させていただきました。
    話せない動物たちの声を私たちが聞き取り大きな声をあげましょう!

    • assam_yamanaka says:

      虹咲翔華さん、ありがとうございます。
      今も取り残された動物たちが助けを待っている事を、強く訴え続けてまいりましょう。
      どうかよろしくおねがいします!!

  3. 沖田 光子 says:

    罪のない動物たちも子供達と同じく抗議の声を上げることができません。
    私達大人は、命を守ってあげる責任があります。

    • assam_yamanaka says:

      沖田さん、ありがとうございます。
      置き去られた動物達を救うこと。子供達を被曝から守ること。対象は違っても、どちらも全く同じ命の課題なんですよね。
      命を尊び命を守ることが最優先の社会を作りたいです。大人の責任ですね。

  4. 石井 恵美 says:

    何故ですか?
    一生懸命生き様としている動物達が
    お腹を空かせ、寒さに我慢しながら
    生きているのですよ。
    皆、震災の犠牲になった子達です。
    保護するのが当たり前、常識、
    人間として生きている人間のやるべき
    事だと思います。
    なのに「閉鎖」
    もう呆れてしまいます。
    命です。
    人間と同じ命です。
    人間が居て「閉鎖」をしますか?
    動物だからいいのですか?
    どうかどうかもう苦しむ子達を
    これ以上悲しませないで下さい。
    お願い致します。
    命は何より大切です。
    礼。

    • assam_yamanaka says:

      石井さん、コメントありがとうございます。

      多数の命が、登録や統計で分かっているだけで70万近くの命が、無惨に放置され、失われました。どの命も、人間と全く変わりません。人間と同じように痛みも苦しみも恐怖も感じ、悲しみも感じ、助けを求めながら死んでいきました。

      動物は物じゃないんです。今も助けを求めて震えている動物がいるのですから、一刻も早く救助すべきであり、それが人の責任ですよね。もう一匹たりとも、尊い命を失いたくありません。微力でも、それを振り絞って全力で頑張りまょう。命のために。

  5. 鈴木美智子 says:

    世の愛犬家、愛猫家、その他の動物を家族の一員として
    大切にされている方…。
    自分も含めですが、我々が住んでいる地域だって
    いつ同じ様な事があるか分からないです。
    もし、天災若しくは戦争が起きて
    せっかく生きて残れたとしても避難所に連れて行かれない。
    危険な場所に食べ物、飲み物も置いていけず、暑い寒い場所へ
    放置するしかないなんて…!!想像された事があるだろうか。
    過去に起きた戦争でも、何の罪もない動物達が
    人間の勝手で殺されました。
    こんな惨い事、二度と起こしてはいけない!!
    対岸の火事では無い、自国で起きているのです。
    震災で、御家族や愛する人を亡くされた方、一緒に暮らしていた
    ペット達が生きていたというだけで、どれだけ心の支えになるでしょうか。
    国民あっての国なのでは、と思います。

    • assam_yamanaka says:

      鈴木さん、コメントありがとうございます。

      取り残された動物の問題は、まさに被災者の皆様の被害。人に対する問題です。今も生き残り助けを待っている動物達。その動物達を救出することが被災者の皆様を支えることですよね。それなくして福島の復興は有り得ません。

      今も多数の団体や個人が取り残された動物達のために活動していますが、帰還困難区域は固くバリケードで封鎖され、民間人は入ることが出来ません。そういう場所に住んでいた方々こそ強く支援していかなければならないのに、そういう場所に閉じ込められている動物達だからこそ一刻も早く連れ出さなければならないのに、それが出来ない。国が間違っていると思います。

      国がその誤りに気付くまで、この要請行動を、粘り強く続けていく所存です。どうかよろしくお願いします。

  6. 長壁 満子 says:

    首都直下型地震がいつ来るか。そのときはフクシマの再現ーと思って生きてます。10匹の保護・扶養ねこをどうするか。広いスペース・資金が必要。現実は減るばかりのわずかばかりの貯金。ここまで政治が動かない現状に、半ば怒りも鈍麻されていくようです。どこに行っても、周りの民度次第の猫の運命。今日は参議院会館で福島みずほさんにお会いしてきました。諸外国の殺処分問題の事例を勉強してきました。改めて、日本の動物行政の遅れに唖然としました。私のやれる範囲内で、遅々とした歩みでもやるしか無いーと開き直って、これからを行動していきます。被災地の猫も眼の前の猫も全く同じです。戦場に生きる猫はすべて愛おしい。

  7. 足立れな says:

    弱者は救けなきゃ!!そんなん言わなくても大人なら判りますよね??

  8. 金谷友子 says:

    自然の脅威の犠牲者は人も動物も同じです。
    そうであるなら立場の強い人間が出来る限りの
    救援を行うのは同然です。

  9. 上原直子 says:

    コピペで申し訳ありませんが、メール送信させて頂きました。
    環境省の人間が、どれだけ福島の現状を把握して「命」の重さを語っているのでしょうか。小さな、大切な命を救おうと頑張っている方々の活動を認めずにいる理由に矛盾を感じてなりません。本来なら率先して国がやるべきこと、そして、応援するべき事ではないでしょうか。動物愛護の本来の意味を示して欲しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>