生後40日にも満たない子猫を展示し泣き叫ばせる悪質ペットショップに猛抗議を

5月4日現在、子猫の無事は確認されましたが、いつまでも無事という保証はありません。既にアヤハに抗議してくださった皆様も、一日一度は子猫の安否をたずねる問い合わせを継続し、「絶対に殺すな、全国の目が厳しく監視しているぞ」と意思表示してください。

 

このツイートが大きな反響を呼び、抗議の声が上がり始めています。生後40日にも満たない子猫を母猫から引き離して店頭展示するのはどう考えても残酷な行為です。

まだ離乳したばかりの子猫を長時間泣き叫ばせておいたら、それだけで幼い体は消耗し、心身共に深刻なダメージを受けることになるでしょう。したがって、改正動物愛護法の「8週齢規制」の施行はまだですが、現行法の範囲内でも、第7条「その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努める」との定めに違反すると考えられます。

「8週齢規制」ではカネ儲けの効率が悪くなると法制化に対抗していたペット業界ですら、生後45日以前の子猫子犬の販売は自主規制しています。子猫の一日は、成長の過程において極めて重要な意味を持ちます。子猫は一日で驚くほど成長するのです。その大切な一日を孤独と恐怖に奪われることは、子猫の一生にとって、心身の発達において、どれほどの傷を残すでしょう。

そんなこと考えてない?売れなかったら殺すだけ? このペットショップがそうだとは断定しませんが、そういうペットショップが多いことは事実です。

というわけで皆さん、私たちもこのペットショップに強く抗議していきましょう。抗議、ご意見の際は、この子猫たちが殺されないよう、子猫たちの安否を気遣う言葉を添えていただけますと幸いです。

さらに私は、動物取扱業の許認可権限者である滋賀県知事に対しても、上記および関連するツイートのコピペを添えて、

「かかる不適正な動物の取扱を行っている業者は、他にも動物の愛護及び管理に関する法律(昭和四十八年十月一日法律第百五号)第二十一条に定められた『動物取扱業者は、動物の健康及び安全を保持する』との基準遵守義務に違反する疑いがある。したがって、県は該業者に対し同法第二十四条による報告を求め、同条に基づき立ち入り検査を行い、同法第二十三条(勧告及び命令)に基づく厳しい措置を講ずべきである。」

との要請を送付しました。より強い抗議とするため、ご面倒でもぜひ皆様、滋賀県宛の要請も行ってみてください。
送付先→滋賀県動物保護管理センター
メールアドレス: el31@pref.shiga.lg.jp

宛先は、
—–
滋賀県知事 嘉田由紀子 殿
滋賀県動物保護管理センター 御中
—–
と併記してみました。
(滋賀県では動物保護管理センターが動物取扱業の担当部署となっています)

余裕がありましたら、滋賀県のHPにはこの問題企業「アヤハ」の広告が掲載されていますので、それについての批判もお願いします。「この要請が無視されることがあれば、公共団体がスポンサーの不正を隠したとの批判が避けられないでしょう」くらいのことは書いて差し支えないと思います。

これが機会となって、儲け主義で命を犠牲にするペット業界に変化が起こることを願います。

This entry was posted in 動物. Bookmark the permalink.

4 Responses to 生後40日にも満たない子猫を展示し泣き叫ばせる悪質ペットショップに猛抗議を

  1. tomoneko488 says:

    アヤハディオ本社と滋賀県宛てに要請をメールしました。
    この件は発見者がいらっしゃり、更にツイッターに掲載して頂いた事で広く知れ渡りましたが、あちこちのショップで同じような事が行われているだろうと想像できます。
    動物愛護法を知らない方がまだまだ多いのが残念ですが、「8週齢規制」をご存知の場合にはぜひ声をあげて頂きたいと思います。
    この様な幼すぎる動物を生体販売している現場を見たら、即座に店の責任者に要請して下さい。

    • assam_yamanaka says:

      ねこねこさん、コメント有り難う御座います。

      ママンさんから、「仔猫はお店の奥に居ました。結局、裏で様子を見て出すそうです。10日間は出さないように約束しました」との続報を頂きましたが、業界の「45日自主規制」にしても、法制化される「8週齢規制」にしても、母親から早く引き離しすぎないようにというのが趣旨なのですから、店頭に出さずに体裁だけ繕っても、子猫にとって残酷な仕打ちであることには変わりありませんね。

      本当に、このアヤハディオ大津店の事件は氷山の一角です。日本中のペットショップに目を光らせ、動物の未来を奪うような行為、動物を苦しめる行為があったら、どんどん抗議していきましょう。

  2. 上原直子 says:

    こんにちは。私も怒りを覚えた一人です。アヤハ本社へは少しきついメールも入れました。いくら、仔猫の様子をみたところで、日数経たないうちに親から引き離した事自体に問題があるのですから、新しい「8週齢規制」も、意味があって無いようなものだと感じる事があります。店頭に出すのが8週でも、それまでどう扱われているのか?色んな事が頭をかすめます。それでも、気づいたり疑わしい者に対して抗議し、命を売り買いする世界を無くしていきたいのが私たちの願いですものね!
    実行あるのみです。

    • assam_yamanaka says:

      上原さん、コメントありがとうございます。

      この事件は、カネ儲けのために命を使い捨てるペット業界の暗部を白日の下に曝すものとなりましたね。この子猫ちゃんは幸いまだ無事のようですが、いつまで安全かの保証はありません。

      幼子を親から無理矢理引き離し、売れ残れば殺す。最悪の非人道的行為の一つだった奴隷売買でもやらなかったようなことを平気で行う。それがペット業界なのだということ。この実態を広く社会に知らせ、命の売り買いをやめさせましょう。動物はカネで買うものではない。助けを求める動物を引き取ろうとする愛のある人だけが動物と暮らす資格者。そういう社会を作っていきましょう。

      本当に、実行あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>