【緊急】都知事選にあたり「反石原後継」でまとまる大きな政党間協力を各党に呼びかけよう!!

件名: 都知事選にあたり「反石原後継」でまとまる大きな政党間協力を

○○党 御中

 石原都知事の辞任により、首都東京で選挙戦が行われることになりました。この選挙は間近に迫る総選挙と一体のものであり、国政の行方を決定づける選挙と言っても過言ではありません。

 私は次期総選挙において、民主党政権でもなく、自民党の政権復活でもない、原発利権にも軍事利権にも与しない、本当の国民本位の政権が樹立されることを望んでいます。そのためには、非「民・自・公・維新」でまとまる、大きな政党間協力が必要です。

 その政党間協力を、ぜひまず都知事選で実現してください。貴党は「反石原後継」で都政刷新を目指す立場と信じますが、であるならば、まずその点で一致する各党に呼びかけ、話し合いの席を設けることにご努力いただきたいのです。その上で、どの党も笑顔で推すことができる候補者を選び、都民本位の統一候補として擁立してください。

 庶民は、分かりにくい政局、分かりにくい政党間の駆け引きに嫌気が差しています。それが政治不信となり、50%近く、あるいはそれ以上の「選挙に行かない人々」を生み出しています。

 もし、そういう人たちの共感を呼び起こす、前向きで、希望があり、立場や思想の違いを超えて誰もが応援できる統一候補が立てられれば、「選挙に行かない50%」の大票田を獲得することができるでしょう。

 都知事選で実りある政党間協力が実現できれば、その力がそのまま総選挙を戦う力になります。どうかまず、国民本位の政治を目指す各党間で協議の場を持ってください。

 重ねて訴えます。「選挙に行かない50%」の大票田を獲得するためには、立場や思想の違いを超えて誰もが応援できる大きな政党間協力の構築が必須です。貴党がそのために奮闘してくださることを、心から期待し、また応援致します。

2012年10月  日
○○○○○○○○○○○○○○(住所)
○○○○(氏名)

 

私はこれを、

に送付しました。

上記各党は、「国民連合」の設立準備会に参加した政党に、日本共産党・新党日本・緑の党の各党を加えたものですが、減税日本については維新の会と連携する方針を捨てていないことから除外しました。

ご賛同いただける方、ぜひご一緒にお願いします。この要請は国政選挙を視野に入れたものですから、東京都民に限らず、全国誰でもお送りいただいて価値あるものと考えます。

なお、こういう要請は文章ではなく「数」が重要ですから、もちろん皆様独自に文章を起草されればそれが一番ですが、私の文章をそのままコピペして送信いただいても差し支えございません。

例によって、このエントリー内の文章は、趣旨に賛同される限りにおいて、複製・転載・再配布自由とさせていただきます。

This entry was posted in 時事問題. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>