「経団連会長に手紙を書く運動」を呼びかける

呼びかけ

「9.25緊急!経団連会館前抗議」は画期的だった。周知期間がほとんど無かったにもかかわらず、およそ1,300人が集まり、経団連に対する強い抗議の声を上げた。

今まで経団連は、カネの力で政治を動かしながら、表舞台には立たず、国民の批判をのうのうとかわして甘い汁だけ吸ってきた。その日本の黒幕に、ついに国民の大きな怒りが届きはじめたのだ。

このうねりを、もっともっと大きなものにしていこう。その取り組みの一つとして、「経団連会長に手紙を書く運動」を呼びかける。

 

「経団連会長に手紙を書く運動」の詳細

1.まず、葉書や便箋などを用意しよう。この「手紙」は、核心を突いていれば簡潔な短文でも構わないので、葉書や一筆箋の活用がお勧めできる。

そしてそれに、
「利権目当ての政治介入をやめろ」
「原発を推進するな」
「国民の原発ゼロの願いを妨害するな」
等々、各自の思いを自由にしたためて郵送する。
 
〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
一般社団法人 日本経済団体連合会
会長 米倉弘昌 殿

2.単に手紙を出しただけでは、たった一人の力でしかない。手紙を出したことを広く公表して、「みんなもやらないか」と呼びかけよう。←ここ大切!!

  • どんどん日常の話題に出して、家族や友人に呼びかけよう。
  • 学校や職場などでも呼びかけよう。賛同者が集まったら、みんなで寄せ書きのようにして送るのも意義深い。
  • もちろんネットでも呼びかけよう。ブログ、TwitterやFacebook、その他様々なSNSをフル活用して、どんどん輪を広げていこう。
  • さらにこの発展形として、イベントなどで呼びかけて「原発反対」などと書いた紙で鶴を折ってもらい、千羽鶴にして送付するなど、様々な創意工夫でアピールしよう!!

こうしたアクションが燎原の火の如く広がって、マスコミも無視できなくなっていった時、きっと事態は大きく動いていく。

なお、例によってこのエントリーの文章は、趣旨に賛同される限りにおいて、転載・複製自由です。

This entry was posted in 脱原発. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>